« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

10/31~11/5ランチ

今週のランチのご案内

*牛スライスと厚揚げのネギ風味(ライス)

          又は

*茄子・トマト・生ハムのバジルフェデリーニ(フォッカッチャ)

・デリシャスマッシュポテト・ジュリエンヌサラダ・オータムポエムの卵スープ

・デザート・コーヒー又はアイスピーチティー

です。

ぜ~んぶついて ¥1000 (限定各15食)

11/5(日)営業いたします。

平日にお越しになれない方、お待ちしております。

ランチタイム 11:30~14:30

バータイム  18:00~26:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽くみないでよ!

最近、お酒の種類は問わず「樽だし」の意味で、熟成や醸造後に加水などの調整を施さない、いわゆる「原酒」などアルコール度数の高めのアイテムが目立ちます。

勿論それが、造り手の味わって欲しい部分なのでしょうし、「本物」っぽくて飲み手の心を揺さぶります。

ただ、その一方で(年々無くなってきているのですが)スタンダードな商品が、もともとアルコールが高かった場合。他のアイテムを造るにあたって、ほとんどが熟成期間を長くしたり(15年とかっていう表記)、無濾過とうたってみたり、さらに「本物」っぽいんですが、悪い意味ではなく「飲みにくさ」も生まれてくる様に思えます。

そんな中、スタンダード商品より格安で、しかも度数を落としているアイテム。

バーボンウィスキー「エズラブルックス・グリーンラベル」

黒いラベルのスタンダードは、熱烈なファンがいらっしゃいます。さらに度数の高い、長期熟成物もございます。

すべて完成度の高い商品なのですが、ストレートで飲むには、この度数を40度まで抑えたグリーンラベルが一番快適に感じたのです。

熟成されて、度数を落としていない酒を、「ストレートでじっくり味わって・・・・」たしかにそうです。では、加水されて度数を落とした酒は?さらに水で割る?いえいえ「カ○ピスウォーター」と一緒で、出来上がった製品なのですから、こういう酒こそストレートで味わうのでは?「飲みにくさ」なんて微塵にも感じませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四・三(シサン)!!

秋晴れ!!

久しぶりの、まとまった雨で「秋雨かあ~、いいなあ」なんて思っておりましたが、やはり晴天は気持ちが良いですね。

ハードリカーの需要も多くなりまして、食事はいらないけど何か口寂しいなあ。

というお声をいただくようになりました。

別に隠していた訳ではないのですが、実はぴったりの「おつまみ」が・・・・・。

「ベルギー産のチョコレート」です。

何ともアバウトなタイトルですが、じつはこのチョコ、パテシエの方がショコラなどを作る際に使用する物。

その為、碁石の様なヘンチクリンな形をしているのです。

美味しいチョコレートケーキに使用するチョコが、そのまま食べて不味いわけがない!

そんな理由で当店では「まんま提供」させて頂いております。

ハードリカー&ベルギーチョコ  まさに最強タッグですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

10/23~10/28ランチ

今週のランチのご案内

*豚バラガーリックカレーライス

         又は

*ブロッコリーと生ハムのクリームフェデリーニ

・デリシャスマッシュポテト・Wネギスープ・グリーンサラダ

・デザート・コーヒー又はアイスピーチティー

ぜ~んぶついて ¥1000 (限定各15食)

衣替えも終了?! もう夏服を戻す事は無い?!筈?!

あったかランチで、ホッと一息いかがです?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全世界を手中に!

今週末は行楽日和だそうで・・・・。

秋の食材も沢山出回り初めております。 秋到来!!!

そんな中、最近ハマっているインドアなものの紹介(暗いですので、覚悟の程よろしくお願いします)

それは、「google」の「マップ」

始めのうちは、当店の場所や世界の観光地などを見ていただけだったのですが、段々と過去に訪れた地や、行ってみたい蒸留所などを航空?衛星?写真より、どんどんクローズアップさせて行くのです。

農作物で有名な土地などは、周りの地形が良く分かり、「なるほど」とうなずける事も少なくありません。

秋の行楽シーズン到来!!

しばらくは、「インドア」で世界旅行を楽しめそうです。

ちなみに写真は、ロンドンを訪れた際に宿泊した、ハイドパーク脇のホテル。

近所に「スワン」というパブがあり、毎日お邪魔しておりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

シロガネーゼな豚

オステリアオクヤマで、最近ハマッている食材・・・・・・・。

「白金豚」 はっきんとん という名の豚肉。

巷では 「プラチナポーク」 の名前で知られている豚肉でございます。

色々な部位を様々な調理方で、提供させていただいております。

今回ご用意いたしましたメニューは

「チョリソー」・・・・えっ?!普通?!

いえいえ、料理名は安易ですが、これが抜群に面白い・・・・じゃなくて美味しいのです。

その名の通り、少しだけ辛味を感じます。がしかし、チョリソーとは名ばかりで、しっかり「豚肉」を食べている満足感を堪能していただけるかと。

実際、お試しになられたお客様も

「うわ!肉じゃん!!」←お客様A

「メインディッシュ?」←お客様B

「でかっ!!!」←お客様C

「欧米か?!」←お客様K

・・・・・・・・。とっても満足そう!!

1本単位でご注文いただけます 「白金豚チョリソー 1本 ¥400」

是非、お試しください!

もうひとつ言うと・・・このチョリソー、飲めますよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ギザギザハートの・・・

モルトな季節になってまいりましたので・・・(例によって、あくまでも主観)

本日も「お友達」の紹介

アードベッグ スティルヤング

アードベッグの98年蒸留シリーズで、04年ボトリングの「ベリーヤング」に続いての第二弾!06年ボトリングの8年熟成です。もちろんカスクストレングス。

長期熟成タイプがお好みの方は、若すぎて「小僧」の印象を持たれるかもしれませんが、

この「小僧」が、ナイフみたいに尖っては、触るものみな傷つけるのです。

分かってくれとは言いませんが、当店で取り扱っている、数少ないモルトの中では

間違いなく一番の「ワル」でございます(だんだん文章が乱れてきた)

とりあえず・・・・ララバイ ララバイ・・・・・

来年ボトル詰めの第三弾も発売される様ですが、このシリーズなんせ生産本数が少ない為、この「小僧」をお友達に招き入れる事にいたしました。

(お休み・・・を何処にいれよう・・・・)

この「ギザギザハートのアードベック」  反抗期である間に、是非一度お試し下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

10/16~10/21ランチ

今週のランチのご案内

*きのこデミグラスハンバーグ (ライス)

        又は

*ナポリタンスパゲッティー (フォッカッチャ)

・秋茄子の煮浸し・ガーリックオニオンスープ・グリーンサラダ・

デザート・コーヒー又はアイスピーチー・

です。

ぜ~んぶついて ¥1000 限定各15食

ランチタイム (月~土) 11:30~14:00

バータイム  (月~土) 18:00~26:00

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夜の桃紅茶

ランチタイムに、ご好評をいただいております「桃紅茶」

この度、バータイムにカクテルとして登場することとなりました。

カクテルを飲みたいのだけれど、あまりアルコール度数が高いのはちょっと・・・・。

かといって、いつも同じ様な物を注文してしまう・・・・。

お待たせいたしました。ベース自体が紅茶なので強めのアルコール感が苦手な方でもご安心下さい。

桃の風味と、程よい甘み。そして口当たり爽やかに感じられるように仕上げました。

使用するお酒は「ティフィン」 紅茶リキュールの親分様でございます。

現在はモデルチェンジしましたが、以前は四角い陶器ボトルに彩色が施され、なんともオリエンタルなボトルでした (使用後は一輪挿しに使えそうな感じでしたね)

そして、もうひとアイテムのおまじないで「桃紅茶カクテル」の完成です。

そうですねぇ・・・・・ご注文の際は、「ピーチジュレップ」とお申し付けください!!

えー・・・・・・・又は、「あの桃のやつちょーだい」でお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お気に入り

深夜にもかかわらず、一週間海外ドラマを見て寝不足の皆様、お疲れ様でした。

そんな疲れた身体に、スッキリと、しっかりのカクテルが最近のお気に入り。

「超」が付く程スタンダードな「ギムレット」

ジンに「酸味」と「甘味」を加えた、王道レシピのカクテルです。

オールシーズンいつでも美味しくいただけるこのカクテル。最近当店では、最後のシメの一杯にご注文をされるお客様が増えてまいりました。

ふさわしくお作りする為に、ベースとなるジンは「タンカレーNo10」を使用。

たっぷりのライムに、当店では「甘味」に砂糖を使用いたします。程よく冷えたこの液体は、バーでのシメの一杯に値するカクテルに仕上がりました。

もちろんマイブーム。

「お試しになられた方も、まだお試しでない方も」←めざにゅう~みたいだ。

きっとご満足いただけますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

10/9~10/14ランチ

今週のランチのご案内

*特選!カキフライ 小粒山盛 (ライス)

        又は

*キノコとコッパのクリームフェデリーニ (フォッカッチャ)

・秋ナスの胡麻揚げ浸し・キャベツオニオンスープ・グリーンサラダ

・デザート・コーヒー又はアイスピーチティー

です。ぜ~んぶついて ¥1000 限定各15食

気持ちの良い気候からの一週間。月もとっても綺麗でしたし

なにか良いことありそうだぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

炎のメーカーズマーク

台風一過です。

タイ風一家です。コックンカー!(二度目のネタ)

本日は、念願叶って嬉しいニュースを・・・・・・。

私がこの世界に入って間もなく、日本のみで爆発的人気を誇ったバーボン「メーカーズマーク」

当時、バーボンでは設定しない価格帯にもかかわらず、バブルのせいでしょうか大人気でございました。その後幾つかの店舗で働きましたが、この酒を置かないお店はありませんでした。

人気が出たからと言ってクオリティーも落とさず、扱う我々も何故か手放せない。珍しい酒ですね。バーボンでの「whisky」表示の(スコットランド移民の証)代表でもありますし・・・・。

そんなメーカーズマークのシンボルともいえる「蝋栓」をしてきちゃったんです!!

世界でひとつのオリジナル!(勿論中身は同じですが・・・・)

先ずは、丁寧に・・・18年も扱ってきたので、真似る事は出来る筈! これが思ったよりも簡単。そのまま商品にできそう・・・・違う。そうじゃない「エイや!!」とばかりボトルを真っ赤な蝋の中へ・・・・・。

完成!!

世界でたったひとつの「メーカーズマーク・オステリアオクヤマボトル」 (サブタイトル 炎のメーカーズマーク)

当店ご来店の際は、是非見てやって下さいまし。

余談ですが、勢いづいて携帯電話にコーティングした方も居たそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モルト解禁

お客様の話。

先日ご来店いただいたお客様が、モルト解禁いたしました(勿論、ごくごく個人的なしきたり)

ハードリカーの季節になってまいりまして(勿論、ごくごく個人的な解釈)まず何からスタートしようかと・・・・。

心に決めたアイテムがあったようで、それをもってして解禁と・・・・。

これが歴史的抜栓でございました。

「ザ・マッカラン 25年」

瓶詰めしたのが1987年ですので、蒸留は1962年という代物。

コルクに不安を感じながら、恐る恐る抜栓。

ふ~っ、問題なし。 お客様にご提供出来る状態なのか、テイスティング(あくまでも業務的なテイスティング)

香り、深み、厚み、味わい、余韻。全て大袈裟に想像していたのに、裏切らない。

比喩する単語がみつかりませんでした。

さて、解禁を迎えましたお客様。時間をかけて、ゆっくりゆっくりと口に運ばれ、顔が緩んでまいります。

結果、互いに口にした言葉は「マッカランっていい酒なんだね」

単純に感じるコメントではありますが、このコメントが全てを物語っております。

グラスの中ですら変化していくこのモルト。今後どんなミラクルを見せてくれるのか、非常に楽しみでございます。

・・・・・いや~っ それにしても凄かった(しつこい様ですが、あくまでも業務的なテイスティングです)

30ml ¥8400 の特別価格にて!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

延長決定!

朝晩の冷え込みが秋を感じさせますね。

皆様、体調を崩さぬ様、お気お付け下さいませ。

先月のおすすめドリンクとして販売しておりました「フレッシュフルーツウォッカソーダ」のライムバージョン。

大変ご好評をいただきまして、多大なリクエストをいただきました。

皆様のお声に応えるべく・・・・

10月末日まで 延長決定!!

「とりあえず」でも「お食事中」でも「ランチのお供に」でも、スッキリ飲めるこのカクテル。

まだお試しでない方は、是非ご注文いただきたい一杯でございます。

おすすめ価格 ¥400 でございます。

「ひとり何杯まで?」なんて野暮な事言わないでください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/2~10/7ランチ

今週のランチのご案内

*スモークチキンのオムライス

        又は

*ヤリイカ・うるめイワシのフェディリーニ(フォッカッチャ)

・大根と牛肉のゴマガルム・キノコスープ・グリーンサラダ・

・コーヒー又はアイスピーチティー

です

ぜ~んぶついて ¥1000 限定各15食

10月スタートは、一風変わったオムライスで・・・・。

ランチタイム (月~土) 11:30~14:30

バータイム  (月~土) 18:00~26:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »