« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

打順は何番?

人間って、こんなに汗を掻いても大丈夫なの?

と言うくらいに汗を流した後、「まさか?!」と思われるかもしれませんが、500mlのノンアルコール飲料を一気飲み!!

なんだかちょっと健康だあ~!

と喜んでましたら、「1日、3リットル摂取しないと駄目なんですよ」と2人の美人バーテンダーのうちの一人に言われ、また汗を掻いてしまったのでありました。

さて、本日は「冒険」しなかった?!アイテムのご紹介

「ザ・マッカラン エレガンシア1990」

リッチな風味の「ダーク・オロロソ樽」の原酒と「フィノ樽」の原酒のヴァッティング。

02ボトリングの12年物。

普通の12年と、どう違うのかと申しますと

「エレガンス」なんですよ。

その名の通り、通常のものより口当たりがやわらかいですね。

「打順」を何番かにするかは別としまして、90は見なくなりつつありますので、この機会に是非お試しください。

・・・・・・・・3リットルでいいんだな!

1日だよな!

・・・・・そのうちビールは何割まで大丈夫・・・・ですか?

・・・・・・・・はぁ・・・ダメだこりゃ・・・・・

ねえ!!なんわりまでえええええ!バーテンダーのおねえさあああん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/25~6/30ランチ

今週のランチのご案内

*ピリ辛・塩豚角煮      (ライス)

        又は

*アスパラ・コーン・パンチェッタのクリームパスタ

・谷口さんちのサラダ・ワカメスープ・小松菜のお浸し・デザート・コーヒー又はアイスピーチティー

ぜ~んぶついて ¥1000 (限定各15食)

ランチタイム    11:30~14:30

バータイム     18:00~26:00

定休日        日曜日

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Rock'nRoll!!

オー!イエーイ!!

(何だ?なんだ?何だあ?)

6月23日!即ち!「ロック兄さんの日」だぜえ!

(えっ?!・・・・・マジっすか?)

ロック兄さんと言えば、ガキの頃に良くビデオクリップに映ってた、ジャックダニエルだぜベイべー!

(はあ、そうですか。ベイべーはどうでしょう?)

このところジャックの野郎ときたら、やたらプレミア感あふれる高額商品ばかりを、世に送り出してきたがあ!

(うん。それは言えますね)

やっと、ロックなアイテムを生み出してくれたぜ!!

その名も「ミックジャガー!!」

(違います!)

「スティーブンタイラー!」

(違いますってば!)

「ティナターナー!」

(唇???だから違います。その名も シーン・フロム・リンチバーグ

(150周年記念ボトルで、度数は昔のジャックの43°グリーンラベル以来の荒々しい、まさに男のジャックダニエル)

だぜえ!!

(・・・・・・・・・・・・。)

こいつを一杯ひっかけりゃあ、迫り来る熱帯夜もぶちのめしてやれるぜえ!!

(あっ!ひょっとして、このお酒を紹介したいがために無理やりロックとか言ってるんですか?)

ワアアアアアアーオ! サンキューーーー!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ほのぼの

南極にも、北極にも行った事はないのですが、氷が溶けているという話は当たり前に信じます。だって日本がこんなに暑いのですから。

そんな夜には、どんなお酒が心地良いのでしょうか?

「ヴァッテド・モルト・ウィスキー」

たまにはこんな提案も

「ザ・フェイマス・グラウス・ヴィンテージ1992」

優しく、穏やかで、ほのぼのするお酒です。

お味はと言うと「おお~!本当にマッカランとハイランドパークだねえ!」って味です。

ただ、ほのぼのなのです。

ですからストレートでも、水割りにしても、ソーダを加えても崩れないのです。

暑い日の夜、少し冷えたウィスキーも格別です。ましてや「ほのぼの味」であればなおさら。

残念ながら地球の温暖化は、個人の意識改善のレベルではどうにもならない状況になりつつある様です。

我々も自然の恵みと、携わる職人のコラボより生まれる芸術品(大袈裟ですが、飲み物と食べ物って事ですね)人様の口に入るものを扱っているのですから、気になりますよね。

散々アメリカ牛肉を叩いといて、銭のために豚肉混ぜるなんて意味が分からん。

南極行って、ペンギンさん達に謝ってきなさい!!

・・・・なんでペンギンに?!

あっ、僕ペンギン好きなんです。

南極行った事ないですけど・・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

心の洗濯

先日、「アリシア ベイ ローレル」さんにお会いしてきました。

http://www.aliciabaylaurel.com/

「地球の上に生きる」「太陽とともに生きる」の著者であります。

想像通りとても素敵な方でありました。

その時の歌声があまりにも素晴らしく、とても癒されましたので

迷わずCDを購入。

ハードローテーションで流しますので、皆様ごゆっくりお寛ぎくださいませ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

6/18~6/23ランチ

今週のランチのご案内

*ビーフシャリアピンソテー   (ライス)

        又は

*茄子と生ハムのトマトソースフェデリーニ(バジル風味)

・谷口さんちのサラダ・春雨スープ・厚揚げマグロ・デザート・コーヒー又はアイスピーチティー

ぜ~んぶついて ¥1000(限定各15食)

ランチタイム    11:30~14:30

バータイム      18:00~26:00

定休日        日曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラッフルズ、お前もか・・・

梅雨の中休み?!

真夏の気まぐれな雨?!

どちらの表現が正しいのでしょうか?むむっ。

こんな日には、超スタンダードカクテル

「シンガポールスリング」

*注 スリリングと言ってしまうと、シンガポールの方々に「治安は良いですよ」と言われてしまうので注意しましょう。

先日、ラッフルズにて(このカクテル発祥のホテル)飲まれたお客様より「舌が覚えている間に飲ませて!」とリクエストをいただきました。

実はこのカクテル「世界基準」ではありません。創案時は、数多くの材料が使われておりました(この処方は今でもなおラッフルズオリジナルレシピとして、バーテンダー達に受け継がれています)が、ロンドンにて、簡素化されたレシピが考案され、現在の世界でのレシピはこのタイプが多いと思われます。

勿論当店でも、こだわりなく双方のレシピともご提供させていただいております。

が、ふぁ!ほへ?!

お客様。一口飲まれて一言。

「似てる似てない以前に、全然違う飲み物ですよ」

だって・・・・ラッフルズオリジナルレシピだし・・・・・・

だって・・・・間違いない筈だし・・・・・

だって・・・・かつお風味の○ダシ・・・・・・

とにかく、全く違う様です。お客様曰く、それはおそらく気候のせいで、向こうで飲んだ物は日本では美味しく感じられず、今飲んだのは美味しいけど現地では絶対飲みたくない。とか。

なっ慰めになってませんが・・・・。

気になっておりましたので、ラッフルズの「シンガポールスリングの素」を入手。

美味しいかろうが不味かろうが、限りなく近い商品を作り出しますので、しばしお待ちくださいませ。

それでも出来なかったら?

現地に行くしかないですかねえ? うふっ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

蛙ぴょこぴょこ

本日は、雨が降ったら「入梅」だとか。

そんな事を知ってか知らずか、店の外に「でんでん虫」がいました。

「でんでん」って言う響きが良いですよねえ?可愛いらしいですよね?

(カタツムリは変換すると、ドキッとしますもんね)

さて、皆様は「抹茶を使用したカクテル」を試された事はございますでしょうか?

何年かに必ず「抹茶味」の商品が並ぶ年がありますよね。

飲み屋さんなどで「オリジナル抹茶カクテル」など良く目にいたしますが、どうもしっくりきません。

複数のお客様よりリクエストをいただきまして、何とか試行錯誤してみたのですが・・・・・。

「そもそも抹茶をカクテルだなんて!!」などと自棄になり逃げようと思い始めた頃、エリザベスが(あっ素敵な女性バーテンダー二人のうちの一人の方です)やってくれました!

あえてメニュー表記はいたしませんので、抹茶カクテルに幻滅している方は、是非お声

をお掛けくださいませ。

商品名ですか?

え~と、え~と・・・・・。

「お~いエリザベス」はいかがでしょうか?

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、文章を作成している間にタイトルと絡み合わす事が出来なくなってしまいました・・・・・・反省。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

6/11~6/16ランチ

今週のランチのご案内

*ナンチュウカ?!本中華!!

  麻婆豆腐   (ライス)

       又は

*海の幸たくさん!!

  ペスカトーレ・フェデリーニ

・谷口さんちのサラダ・春雨スープ・ポテトマヨネーズ・デザート・コーヒー又はアイスピーチティー

ぜ~んぶついて ¥1000(限定各15食)

ランチタイム    11:30~14:30

バータイム     18:00~26:00

定休日        日曜日

食欲落とさず今週も、張り切ってまいりましょう!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

世界基準

黴雨(つゆ)

と昔は書いたらしい・・・・カビ・・・・・そりゃ~滅入りますよね。

本日は、カクテルのお話

「当店ならでは」「うちだけです!!」と、まあオステリアでも良く使うセリフでありますが・・・。

自分がせっかく好きになったカクテルを、他店では飲むことが出来ない(同じカクテル名なのに)

例えば「マティーニ」などは、世界はおろか日本中のBarで飲めるとは思いますが、「同じ味」に出会うことが出来るのであろうか?

まあ「あの店」に行かないと、好きなマティーニが飲めないというのが「良さ」なのかもしれませんが・・・・・。

海外への旅行者が年々増加しております。自分が好きになったカクテルが世界のどのBarへ行っても飲めたのであれば・・・・・。

なんて事を考え、世界基準が存在するであろう確立が高いカクテルを、思い浮かべました。

~1890年代ロンドン~

伝説的Barとして語り継がれる「サヴォイ・ホテル」のアメリカンバー。

100年以上の時を超え、現在も尚、いきずく古典的レシピは、その頃の華やかなカクテルの黄金時代を思い起こさせてくれます。

そのサヴォイ・ホテルで最も人気の高いカクテル

「サヴォイ・タンゴ」

おそらく、先人達に敬意を持つバーマンであれば、共通レシピで提供していると思われます。

こんな楽しみ方もBarならではなのではないでしょうか←早口言葉みたいだ

ただ・・・・・・・お口に合ってからの話ですが・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

四天王現る

占いには、さほど興味がない私ですが、昨夜の「アレ」はいったい?!

バイオリズムなど、気にしないたちなのだが、昨夜の「アレ」はいったい?!

罰が当たるような事はしていない筈なのに、昨夜の「アレ」はいったい?!

丑三つ時に「奴ら」はやって来た!!

私の頭の中では「ゴットファーザーのテーマ」が流れ、手のひらからは見たことも無いような「汁」が湧きでている。

「奴ら」とは?・・・・・・・・・・・。

十数年振りの再開であります

銀座での修行時代、パワーハラス・・・・・・・大変お世話になりました上司四天王でございます。

考えてみると、カウンター越しにお話させていただくのは、初めてかもしれません。

バブルを生きたおっさん達(敬意を込めて)は「チョイ悪オヤジ」などという、ヌルイ言葉では到底比喩できず、今でもなお、皆「切り込み隊長」「特攻隊長」に映り、世間を騒がす政界のニュースなど「そんな肴で酒が飲めるか!」・・・・・・・って感じです。

日々、緊張を持続させているつもりでも、ついつい甘えがでてくるもの。

そんな私を、知ってか知らずか彼らはやって来たのであります。

息が詰まり、目がかすみ、変てこな敬語を使う私は、彼らに成長の姿を見ていただく事もできず、ひたすら腰を90度に曲げるばかりだったような気がします。

ただ、それが私のスタイル。彼らも受け取ってくれたに違いありません。

帰路の会話の中で、「頑張ってるなあ」などと話さず「相変わらずバカだなあ」と話ていただけてあったなら、彼らの部下であった私にとっては最高のお褒めの言葉であります。

・・・・・それにしても・・・・・

四天王と出会ったのは、彼らがちょうど今の私の歳か、もしくはもっと若い位・・・・。

・・・んっ?!

・・・・えっ?!

こっ、こんなもんだったんすか?

・・・・・・・いえいえ私と比べてはいけませんよね。

私も、貴方方に「ようやく」冗談も言えるようになったのですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

好評発売中

「貴方は もう このカクテルから 離れられない」

「君は もう 体感したか」

「決して 独りでは 観ないでください」

など、様々なキャッチフレーズが似合う当店自慢の今月のカクテル

「シャンパン・スムージー」

お陰様で、大変ご好評をいただいております

気温が上がって、ダルイ夜にも良し

湿気の多い、ジメジメしたダルイ夜にも良し

(夜ってそんなにダルイか?!)

喉を潤す、最初の一杯も良し

もちろん、シメの一杯にも良し

贅沢にシャンパーニュを使用しておりますので、優雅さもありますよね

現在の人気は

*ペルノ・スムージー       60%

*ストロベリー・スムージー    30%

*ワイン&カシス・スムージー  10%

といったところ

(スタッフ一同が無理やりペルノを薦めてるから?!)

さてさて、月末の結果はいかに!!

*注 ウォッカなんとかは出馬しませんので、ご安心下さい

        中央オステリア競酒会 より

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6/4~6/9ランチ

今週のランチのご案内

*スズキの和風カレー味  ライス

       又は

*特選ビーフのミートソースフェデリーニ

・谷口さんちのサラダ・トマトスープ・味噌大根・デザート・コーヒー又はアイスピーチティー

ぜ~んぶついて ¥1000 (限定各15食)

ランチタイム   11:30~14:30

バータイム    18:00~26:00

定休日       日曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷はじめました

コホン。え~皆様、店主主観の叫び声でございます。

「ペルノ解禁だあああああああ」

ここの店主は、毎年6月~8月の三ヶ月のみ「パスティス」を摂取する。と言うのは、もう有名な話?!

今年の「ペルノ」は生涯最高の逸品を作り出した模様。

その名も

「ローランペリエ・ライク・ア・カキ氷」

スムージー状にした(フローズンスタイルって事です)ペルノに、ほんの少し魔法をかけてシャンパンで満たすのです!!

これ、本当に美味いです!! れぼりゅーしょんです!!

調子にのって、「ストロベリー・スムージー」と「赤ワイン・スムージー」も作っちゃいました。

3種類のライク・ア・カキ氷

そして、シャンパンを・・・・・・・・・・。

とりあえず、全部飲みですかねえ?

今月も楽しめますぞ。オステリアは。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

年間最優秀選手?

全国のニュースでとりあげてましたね。この地区の豪雨。

幸いにも当店は無事でしが、知人の店舗では浸水してしまったと写メールが送られてきました。

なんと20センチ!!・・・・・お気の毒でございます。

さて6月です!

今月のフルーツウォッカソーダは、過去一番人気!!リクエストにお答えいたしまして

「たっぷり苺バージョン」です!!

容赦せずに使用いたしますので、今月いっぱいもたないかも?!

オステリアのフレッシュウォッカソーダの一番人気商品。お早めにお試し下さいませ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »