« 異空間酒場 | トップページ | 3/3~3/8ランチ »

春風が運んだ吉報

僕が変わってしまったのだろうか?

自然が変わってしまったのだろうか?

彼ら自然が教えてくれる知らせは、いつの間にか「厳しさ」を伝える教訓しか耳に入らなくなってきた。

冬将軍に冷たく厳しくされ・・・・・でも考えれば、僕だけに風を吹き付けてる訳でもなく皆に平等に試練を与え、教えてくれる。

諦めては駄目だ!みたいなメッセージ?

子供の頃は、彼らはそんな「投げかけ」の様な知らせ方をしていたっけ?

もっと知らせは単純明快だった筈

僕が変わってしまったのだろうか?

草木や動物達が今、どんなメッセージを投げかけているのか上手く読み取れないんだ。

みんな、言葉を忘れちゃったのかな?

それとも昔から言葉など発していなかったの?

春一番を迷惑そうにしている人間達

いつの間にか自然と他人行儀になってしまったのかもしれない

だってほら、きっと君も僕と同じで彼らの声が聞こえなくなっていないかい?

もう春はそこまで来ているようだ

変わってしまったのは、やはり僕達かもしれない

けれど、まだ表面的にだけ

きっとみんな心の奥底では彼らとの対話を望んでいるはず

さあ、耳を澄ませてごらん

こんな時代でも春風はちゃんと吉報を運んできてくれる

聞こえるかい?

「オステリアのプレモル300円は3月末まで延長なのだあああ~」

・・・・・・・・聞こえました?・・・・・・吉報。

|

« 異空間酒場 | トップページ | 3/3~3/8ランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春風が運んだ吉報:

« 異空間酒場 | トップページ | 3/3~3/8ランチ »