« 蝉のなる木 | トップページ | 8/17(土)ウィークエンドブランチ&昼BAR »

Okuyama's Standard

~お店の数だけマティーニの味がある~

この表現を肯定すべきか否定すべきかが永遠のテーマになっている

オステリアなオクヤマです

上記の言葉の意図は、後にお話するとして

本日は「オクヤマカクテル」のお話を少しいたします

「グラスホッパー」

修行時代から作っているカクテルですが、ここ数年、またリクエストされる方が増えてまいりました

この「グラスホッパー」当店のレシピはスタンダードの処方とは異なります

ミント、カカオ、クリームの3種を同量又は、答えの出たバーテンダーは分量を変えたりして提供いたしております

が、私の答えは「コニャック」を微量処方いたします

この段階で「グラスホッパー」じゃね~じゃん!とか「ブランデーグラスホッパー」とでも言えば良いじゃん!

などのご意見もあると思いますが、そこは飲んでのお楽しみ

ちゃ~んと「グラスホッパー」になっているんですよ

落○シェフの「魚を使ったカルパッチョ」や山○シェフの「冷製のカッペリーニ」と同じで

私もオリジナルに敬意を持ったうえで、アレンジ(答え)しているわけです

勿論、ゲストの方のお好みもございますので、ご要望にお応えしたカクテルを提供致しております

が、そこには確実に「オクヤマテイスト」が隠されております

オーダー通りの安心感+驚きでございます

歳を重ねるにつれ「もう!余計な事して~!」

と、言われなくなりました

先人達が開発した「スタンダードカクテル」

敬意を持って「オクヤマテイスト」を盛り込んでおります

即ち「答え」

私流の「答え」です

・・・・・・・って書くと文頭の表現は肯定すべきなのであろうか?・・・・・・・

|

« 蝉のなる木 | トップページ | 8/17(土)ウィークエンドブランチ&昼BAR »

コメント

お盆にこの話題... なかなか素晴らしい。

お店の数だけ、も理解出来ます。
でも、人の数だけ、と言う言い方もあります。

つまり、お店ではなくバーテンダーの数だけ、
カクテルの味はある、と。

私は、入社したての頃、私よりもよほど歳を重ねた
方々に深く頭を下げられ、思いました。

この方々は会社と仕事がしたいんだ、私個人ではない。
いつか、会社ではなく個人と仕事がしたいと言われる
人になろう。

今まで数多のカクテルがあった事でしょう。

その中で、スタンダードは残った。
そのスタンダードにも個性があっていいじゃない
ですか。

その個性こそ、カクテルの味ではないかと。

未だ、カクテルの味に答えを見いだせていません。

これからもその答えを見出す為に、お互い頑張りましょう。

提供する側もプロならば、頂く側もプロを目指します。

少し涼しくなりましたら、Okuyama's Standardの
ジャックローズを頂きたく。

投稿: MOET | 2013年8月15日 (木) 21時28分

MOETさん
ジャックローズも確かにそうです
「こんなんちげーよ!」
と言われそうな代表カクテルです

投稿: フルーツウォッカソーダ | 2013年8月19日 (月) 16時08分

その店のアレンジの効いたスタンダードカクテル、いいですよね。特に、スタンダードの範囲内やけど、う~んとうなるカクテルがよいです!

グラスホッパ~今度頂きます!!

あと、またアレンジの効いたマンハッタンもお願いします!!

投稿: いのさん | 2013年8月19日 (月) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177662/57997108

この記事へのトラックバック一覧です: Okuyama's Standard:

« 蝉のなる木 | トップページ | 8/17(土)ウィークエンドブランチ&昼BAR »